So-net無料ブログ作成

プレイヒーローVSウルトラマン対決セット 超結集スペシャル [ウルトラマン]

IMGP6726.JPG


バンダイの食玩、「プレイヒーローVSウルトラマン対決セット 超結集スペシャル」のガメロットです。ウルトラマンと怪獣のミニソフビがセットになっているプレイヒーローVSシリーズの最新作は、全10種のスペシャル版となって発売されました。

が、怪獣側のラインナップに見覚えが。全10種中8種はプレイヒーローモンスター ウルトラマンモンスターズで出た怪獣じゃないですか。新作はウルトラマンタロウのモチロンとウルトラマン80のホーだけですかね。最近安易な企画が多いなぁと思いますが、しかしプレイヒーローモンスター ウルトラマンモンスターズの発売時に買いそびれていたガメロットが再度出てくれたのは個人的にラッキーでした。買っておけば良かったと後悔していたんですよね。入手できて良かった良かった。

このガメロットですが、ウルトラマンレオ第24話「美しいおとめ座の少女」に登場するロボットです。ガメロットはサーリン星の警備ロボだったのですが、故障したのかどうしたのか、反乱をおこしてしまいます。ガメロットを作ったサーリン星人の博士(演ずるは死神博士で有名な天本英世さん)は孫娘のようなアンドロイド(演ずるは仮面ライダーアマゾンの岡村りつ子も演じた松岡まりこさん)と共に命からがら地球へ逃げて来たのですが、もちろんガメロットも後を追ってきます。どうやら博士に自分の改造をしてもらいたいようです。博士もロボットを作ったのなら止め方も分かるだろうと思いつつ、物語はちょっと悲しい結末を迎えてしまいます。

で、このガメロットは子供の落書きのようなロボットというか、ボスボロットのような風体ですが、これがなかなか強いんです。胸の赤いところから光線が出るんですが、レオに対してはストロングスタイルで殴る蹴るの猛攻で圧倒します。蛇腹の足も本編でそのギミックが再三表現されて、これぞロボットという演出がたまりませんね。フィギュアのほうも全身がガンメタで彩色されていて、ソフビですが重厚さがあってイイ感じです。お腹のメカが透けて見える部分まで彩色されていたら完璧でしたね。あと付属のレオは、まだガメロットと戦う第24話時点ではウルトラマンキングからもらっていないはずなのに、なぜかアームブレスレットをしています。他のセットでジャミラにはBタイプ、スカイドンにはCタイプのウルトラマンを対にさせているとういのに、レオはブレスレット無しの原型が無かったのかなぁ。バンダイも詰めが甘いなぁ。

http://www.bandai.co.jp/candy/products/2008/52970.html
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 4

Morimo

レオまではみていたんですが、、、記憶がありません。。。
by Morimo (2008-05-12 01:58) 

hiro78

超結集スペシャルのタイトル通りのラインナップで少し笑えました。
新作怪獣が2体とは寂しいですね。
by hiro78 (2008-05-12 15:44) 

恐竜おとこ

なんか面白いですね。これ。
by 恐竜おとこ (2008-05-12 20:59) 

mitsu_z

>Morimoさん
nice!ありがとうございます!私もリアルタイムの記憶はありませんでした。しかし今観てみると、ゲストが豪華だし見応えもありましたよ。

>ロクさん
nice!ありがとうございます!このミニソフビは集めるつもりが無かったのに、意外といい出来なのでつい買っちゃいます。

>hiro78さん
nice!ありがとうございます!どうもバンダイの安易な企画が気になります。開発費削減なのかなぁ。

>恐竜おとこさん
nice!ありがとうございます!へんてこな体格は実は意味があって、劇中で手と頭がもげてしまうんですが、それでも着ぐるみの中で演技出来るよう余丁がだいぶあるんでしょうね。あと名前の元になっているように、亀のように手足頭が縮んで宇宙船のようなスタイルにもなったりします。
by mitsu_z (2008-05-13 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。